子供の野菜嫌いを克服するための原因と対策

MENU

 

子供の成長とともに、さまざまな悩みが増えてきます。中でも食に関することは、毎日の生活、そして子供の成長に大きな影響を与える案件のため、世のママたちの関心を集めています。子供の肥満が問題となっている昨今、野菜嫌いの子供たちが増えているのもうなずけるというもの。わが子が野菜をなかなか食べてくれないと悩んでいる多くのママたちへ、解決のヒントとは。

 

スムージー

 

野菜嫌いの原因(離乳食期の0〜2歳)

生後5ヶ月頃から離乳食を始め野菜も少しずつ食べるようになると、野菜を口にしただけでベーっと出してしまう子供がいます。初めての経験に戸惑いもあるでしょうが、それ以外の理由もあるようです。心だけでなく外見も目に見えて変化するこの年齢はとても難しい時期です。野菜を食べない理由とは
詳しくはこちら。→野菜嫌いの原因(離乳食期の0〜2 歳)

 

野菜嫌いの原因(幼児食期の3〜5歳)

離乳食は完全に終了し、幼児食に移行するこの時期の野菜嫌いは深刻です。やり方を間違えると、なかなか野菜を食べてくれなくなります。その原因とは。
詳しくはこちら。→野菜嫌いの原因(幼児食期の3〜5歳)

 

野菜嫌いの原因(小学生の6〜12歳)

集団生活、そして給食が始まるこの年齢の子供を持つママたちは、なんとか野菜嫌いを克服させようと必死です。野菜をなかなか食べてくれない、その理由を知ることで、苦手な野菜の克服につながるかもしれません。
詳しくはこちら。→野菜嫌いの原因(小学生の6〜12歳)

 

野菜嫌いの原因(思春期以降の13歳〜)

男女の体格の差がはっきりと表れ始める思春期の子供たち。精神的にもなかなか難しく不安定な時期でもあるため、ママたちはどのように対応すればいいのか迷ってしまいます。思春期の子供たちが野菜を食べない原因とは。
詳しくはこちら。→野菜嫌いの原因(思春期以降の13歳〜)

 

心配な野菜不足の影響は

日本人は慢性的な野菜不足に陥っていると言われています。肥満の子供が増加していることも問題視されている中、野菜不足は私たち、そして子供にどのような影響を与えるのでしょうか。
詳しくはこちら。→野菜が不足したままだとどんな心配がある?

 

野菜を食べないときの対策(離乳食期の0〜2歳)

まだ離乳食期の子供の野菜嫌いの対策は、月齢別にかなり違います。数ヵ月違うだけで子供の成長に大きな差がある時期だけに、ベストな対策方法を見極めることが大切です。
詳しくはこちら。→野菜を食べないときの対策(離乳食期の0〜2歳)

 

野菜を食べないときの対策(幼児食期の3〜5歳)

幼児食期の子供は、離乳食期の子供も違い、コミュニケーション能力がかなりアップしています。言葉もたくさん話せるようになるこの時期ならではの対策が必要です。
詳しくはこちら。→野菜を食べないときの対策(幼児食期の3〜5歳)

 

野菜を食べないときの対策(小学生の6〜12歳)

給食の野菜にかなり苦労している子供が多いこの時期。野菜を食べやすく調理してあげることはもちろんですが、野菜の大切さを十分に理解させることが重要です。
詳しくはこちら。→野菜を食べないときの対策(小学生の6〜12歳)

 

野菜を食べないときの対策(思春期以降の13歳〜)

無理強いすると反発すること多い思春期。野菜を食べないからといって無理やり食べさせることはせず、食べやすい状況を作ってげることが大切です。
詳しくはこちら。→野菜を食べないときの対策(思春期以降の13歳〜)

 

野菜不足が招く便秘のケア

野菜にはさまざまな栄養素が豊富に含まれており、不足すると便秘になりやすいと言われています。子供が便秘の症状を訴えた場合、どのように対応してあげればいいのでしょうか。
詳しくはこちら。→便秘の子供にしてあげたいケア

 

野菜不足解消アイテムの選び方

野菜をなかなか食べてくれない子供のため、さまざまなアイテムが登場しています。ですが、大切なわが子のため、アイテム選びには注意したいところ。どのようなことに気を付け選べばいいのでしょうか。
詳しくはこちら。→子供向けアイテム選びの注意点

 

豊富な栄養素が一気に摂れるマルチビタミンサプリ

数種類の栄養素が一気に摂取できるのは総合サプリメントであるマルチビタミンサプリメント。マルチビタミンサプリメントの気になる点をまとめたQ&A。
詳しくはこちら。→子供にマルチビタミンサプリはOK?よくある疑問

 

まとめ

 

現代の日本人は野菜不足だと言われています。健康維持のためにも野菜の栄養素は必要不可欠であり、また子供の成長にとっては非常に重要な働きを持っています。ですが、野菜が苦手な子供が多いのが現実。野菜不足を改善するため、その原因対策をしっかりとチェックしておきましょう。