野菜に含まれる食物繊維が便秘を改善

MENU

 

子供の便秘にはさまざまな理由があり、大人よりも起こりやすいと言われています。便秘になりやすい子供だからこそ、普段から便秘になりにくいよう予防しておかなければいけません。

 

そんな時、野菜がとても役に立つことをご存じでしょうか。野菜で便秘が改善できると言われています。

 

トイレ

 

子供が大人より便秘になりやすい理由とは

 

子供は大人と比べ便秘になりやすいと言われています。中には1週間も排便がなく、病院での処置によって排便するという場合もあるんです。

 

そもそも大人と比べ、子供が便秘になりやすいのはなぜなのでしょうか。その理由として、このようなことが挙げられます。

 

  • まだ腸内環境が整っていない
  • 筋肉が少なく便を押し出すことができない
  • 学校などのストレスによる過敏性腸症候群

 

このような理由から起こってしまう便秘を改善するために、どのように野菜を活用すればいいのでしょうか。

 

野菜が便秘解消にいい理由とは

 

野菜が便秘にとてもいいとされる理由は、食物繊維が豊富に含まれているからです。食物繊維が腸内環境を整え、便の排出に効果を発揮すると言われています。

 

食物繊維には、不溶性食物繊維水溶性食物繊維があり、そのどちらも摂取することでさらに効果をアップさせることができると言われています。

 

不溶性食物繊維

便の量を増やし、腸の働きを活発に善玉菌の餌となります。野菜ではゴボウや菜の花、トウモロコシ、たけのこ、アボカドなど。

 

水溶性食物繊維

便を柔らかくしスムーズに排出されやすくします。野菜ではオクラやモロヘイヤ、春菊など。

 

どちらの食物繊維も摂取できるよう、色々な野菜を食べられるようになるといいですね。

 

まとめ

 

野菜には豊富な食物繊維がたっぷりと含まれており、便秘の解消に効果があります。不溶性食物繊維、水溶性食物繊維のどちらもバランス良く摂取することが、効果をアップさせる鍵となります。野菜を積極的に摂取しましょう。