分厚くて重い本は、保管場所に最も困るもののひとつであることは間違いありません。かさばる持ち物である本をどのように断捨離すればスムーズに、そしてスッキリと納得することができるのでしょうか。

 

本を片づける女性

 

本は置き場所に特に困るもののひとつ

 

住まい・引越しについてのアンケートランキング(niftyニュースより)によると、断捨離したいものランキングで、本や雑誌は堂々の2位だったそうです。

 

その理由は新規で購入すればするほど置き場所に困り、また読むかもしれないとなかなか捨てられず、いつの間にか部屋を占領するということが挙げられます。

 

本だけを所蔵する専用部屋や専用棚があればいいのですが、通常そのような部屋はなかなか作ることができないのが一般的です。

 

参考書に雑誌、小説や漫画など、その本の種類はさまざまですが、どれも重くてかさばるものであることは同じです。

 

なぜ本が捨てられないの?

 

本がどんどん増えていき溜まっていくという人が本を捨てられないのはなぜなのでしょうか。それにはこのような理由が考えられます。

 

  • 最期まで読み切ることができないまま新しい本が増えていく
  • 途中から読む気が失せてしまう
  • もったいないと思う
  • たまに必要になることがある
  • 重くてかさばるので整理するのが面倒
  • きっとまた読むことがあると思っている

 

本をスムーズに断捨離するには

 

本の断捨離を決意したら、断捨離がスムーズに行えるよう、いくつかのポイントに沿って進めていきましょう。

 

まずはジャンルごとに分ける

本にはさまざまなジャンルがあります。すべてがごちゃごちゃになっていると、今の自分にとって、いったに何が必要なのか分からなくなるのです。まずはこのようなジャンルに分けて整理してみましょう。

 

漫画・小説・参考書・雑誌・実用書・ビジネスや経済など

 

収納場所を決める

まず初めに、どれくらいの本を残しておくのか決めておくのです。例えば、この棚に収まる程度の本・・・などという風に限度を決めておくのがポイントです。

 

断捨離中は本を読まない

もともと本が好きだからこそ、溜まっていったという人が多いと思います。断捨離中に、つい思い出深い本や懐かし書籍を見つけ開いてしまったら、つい読みふけってしまう可能性が。断捨離中は絶対に本を開かないことがルールです。

 

捨てるものとそうでないものを分ける
  • 捨てないもの・・・何度も何度も読んでいる本、参考書など調べものに必要な本
  • 捨てるもの・・・1度も読んでない本、途中でリタイアした本、もうずっと開いていない本

 

この基準で仕分けていき、捨てないものの中で、決められた収納場所に収まる分だけ残しておきます。

 

電子書籍化されているものは捨てる

最近では電子書籍化されたものも多く、タブレットひとつあれば読書ができる時代です。本の重さ、紙をめくる良さがあるのは十分承知していますが、まずは断捨離優先で、電子書籍があるものは捨てるようにしましょう。

 

断捨離した本はどうする?

 

断捨離し手放す予定の本をネットオークションなどに出品する方法もありますが、本は重いためかなりの送料がかかります。ゆうメールなど、本を送るのに適した郵送方法もありますが、本の厚みなどに規定があり、すべて有利な方法で送ることは難しいでしょう。

 

本は古本屋リサイクルショップ、または地域の図書館学校などに寄贈するといいと思います。ただし、個人寄贈は相手方の迷惑になる場合も少なからずあるため、どのような本が必要なのかリサーチしてからの方がいいでしょう。