野菜を題材とした絵本で苦手野菜克服

MENU

 

野菜にはたくさんの栄養素がたっぷりと詰まっています。ですが野菜嫌いの子供にどんなに説明しても、なかなか分かってもらえるものではありません。そんな時にお母さんたちが活用しているのが絵本なんです。

 

野菜を好きになるかもしれない、そんな絵本に期待が集まっています。どのような絵本があるのか見ていきましょう。

 

読み聞かせ

 

野菜を好きになるかも?おすすめの絵本たち

 

野菜を題材にした絵本を読み聞かせることで、野菜に親しみを感じ、野菜を好きになってもらおうという作戦。どのような絵本が人気なのでしょうか。

 

野菜の断面図が興味を引く一冊

 

「やさいのおなか」作・絵:きうち かつ

 

やさいのおなか

野菜の断面図を掲載することで、「これなーんだ」となんの野菜かを考えさせることができる絵本。野菜に興味を持たせることができます。

 

中にはなんの野菜なのか分からないくらい難しいものもあり、クイズ形式で楽しめます。まずは身近な野菜に興味を持ってもらいたい人におすすめの一冊です。

 

少しショッキングなタイトルが印象的な一冊

 

「しんでくれた」作:谷川 俊太郎 絵:塚本 やすし

 

しんでくれた

谷川俊太郎さん作のこの絵本は、タイトルが目に焼き付いて離れない少し重みのある一冊です。野菜がたくさん出てくるわけではありませんが、食べることはどういうことか、命の大切さを理解させるにはもってこいの絵本です。

 

野菜の気持ちを考えさせる一冊

 

「やさいのおしゃべり」作:泉なほ 絵:いもと ようこ

 

やさいのおしゃべり

たくさんの野菜がカラフルに描かれており、小さな子供にもおすすめの一冊です。

 

冷蔵庫の中の野菜たちのおしゃべりが中心で、なかなか使ってもらえない野菜たちの愚痴もおさめられています。野菜の気持ちを考え、食べてみようと勇気を出す子供もいるかもしれません。

 

まとめ

 

子供たちが大好きな絵本で、野菜への興味を持たせることができ、野菜嫌い克服のきっかけとなるかもしれません。野菜に関するさまざまな絵本があるので、いろいろな絵本を読み聞かせてあげることをおすすめします。