押入れは収納にとても役立つものですが、押入れの中に布団がたくさん詰まっていて、収納スペースを確保できないなんてことありませんか?

 

実は布団の断捨離もとても重要なんです。どのようなことに注意して断捨離していけばいいのでしょうか。

布団

あなたの布団すでに買い替え時ではありませんか?

 

押入れの中でかなりの存在感を放つ布団。この布団がなければ押入れの収納スペースが確保できるのにと思った経験はないでしょうか。

 

布団は必要不可欠なものですが、定期的に買い替えることも重要なのです。厚みや重さの面を見ても、新しい布団に買い替えた方が使いやすい、そんな場合も多いのです。

 

布団の素材によっても買い替えの目安はさまざまなです。チェックしてみましょう。

 

綿

綿の布団は肌にも優しく吸湿性の良さが特徴です。ですが、その吸湿性からこまめに天日干しをしないとダニが発生したりカビの原因になることがあります。また、使用していると中の綿が傷みやすく、ぺちゃんこになりふっくら感が戻らなくなります。

 

そうすると布団専門店で中の綿を打ち直してもらう必要があり手がかかります。そのため綿布団の寿命は3年から長くて5年ほどです。

 

羊毛

羊毛は綿と比べると湿気を逃しやすく、ダニが発生しにくく清潔に使えることが特徴のひとつです。中の羊毛が徐々に硬くなってきて元に戻らなくなるため、5〜6年が寿命です。

 

合成化学繊維

ホームセンターなどで比較的安価で販売されている化学繊維の布団は特に寿命が短くなっています。3年ほどで寿命がきます。

 

高反発ウレタンマット

ウレタンマットはダニも繁殖しにくく比較的長持ちする布団のひとつですが、洗濯ができないため、汚れにとても弱いと言えます。清潔に使いたいなら長くもって5年程度です。

 

布団の質が低下すると、それに比例するように睡眠の質も落ちてしまいます。寿命がきた布団は思い切って断捨離し、新しい布団に買い替えることをおすすめします。

布団の処分方法とは

 

布団は大きくかさばるため、通常の燃えるゴミでの廃棄が難しいと考えられます。(小さく刻んで捨てるのはOKですが、手間と時間がかかり現実的ではありませんね)

 

自治体の粗大ゴミとして廃棄するのが一般的ですが、買い替える際、古い布団を引き取ってくれる店もあるため、購入前に確認してみましょう。