子供はしっかり歯ごたえが嫌い

MENU

 

子供はがなかなか野菜を食べてくれないため、いろいろな野菜を活用してみたり、彩りを良くしてみたり、さまざまな工夫した親御さんも多いのではないでしょうか。

 

実は、子供は野菜を嫌いな原因が食感にあるかもしれないというのです。どのような食感にすれば、食べてくれるのか見ていきましょう。

 

好き嫌い

 

子供は歯ごたえがありすぎるものを苦手とする説

 

子供にたくさんの栄養素をバランス良く摂取させたくて、いろいろな野菜を並べたり、調理方法を変えたり、さまざまな苦手克服方法をチャレンジしてみたけれど、どれもうまくいかなかったという経験はありませんか?

 

実は、子供は野菜の食感が苦手だという説がまことしやかに流れているんです。例えば、サラダ。大人はあのシャキシャキとした歯ごたえや新鮮さに惹かれますが、子供はとても苦手だというのです。

 

では、温野菜ではどうでしょうか。ゆでたブロッコリーは茎の部分が多少歯ごたえを残している方が美味しく感じると言った大人が多い反面、子供は噛み応えのない、やわらかい食感までゆでたものを好むといいます。口の中に残るもごもごという食感が苦手なようなのです。

 

トマトは子供が好きな野菜ではありますが、トマトの皮は嫌いだという子供が多いのは事実。湯むきしてあげると食べる子供もいます。

 

対策

  • 野菜は生のままではなく火を通す
  • 皮はむく
  • やわらかい食感にする
  • 大きすぎず食べやすい大きさに切る

 

固かったり、なかなか噛み切れなかったり、またグニュっとした食感など、子供が苦手なものをまず取り除き、年齢を重ねるとともに、野菜の調理方法を切り替えると、きちんと野菜を食べる大人へと成長します。

 

まとめ

 

子供の野菜嫌いの一端は、野菜の食感にある可能性があるそうです。子供はしっかりとした歯ごたえのある野菜を嫌う傾向にあり、まずは噛みやすいやわらわく調子した野菜からチャレンジするのが良さそうですね。