着る機会がほとんどないにも関わらず、捨てられるにとしまってあるものの代表といえば着物です。軽々しく「捨てる」というものではないことは分かりますが、ただしまってあるだけなら宝の持ち腐れというもの。

 

着物を断捨離したい、そんな場合はどのように行えばいいのでしょうか。

 

桐ダンス

 

出番が少ない着物

 

最近は着物女子や着物男子なる言葉が流行しているように、日常的に着物を着用する若者が増加傾向にあるそうで、日常着としても着物に注目が集まるようになりました。

 

ですが、着物には種類が多く、日常着として着用できるカジュアルなものだけでなく、正絹の格式が高いものや街着に向いていないフォーマルなものも多くあります。

 

そのような着物の場合、着用するとなると、結婚式やお茶会、パーティー、成人式などに限られ、着用する機会はグッと減少するのが現実です。

 

保管にも気を遣う

 

着物は着用する機会が少ないだけでなく、その保管方法にもとっても気を遣うものです。

 

  • 保管容器は桐ダンスが最適
  • 湿気を嫌うため湿度調節には注意
  • 年に2回は、日陰吊るし干ししなければいけない
  • 直射日光が当たらない風通しのいい部屋に保管
  • 数種類の防虫剤はシミの原因になるため気を付ける
  • 綿着物は特に虫が付きやすいので注意
  • 綿着物と一緒に銀を使用した帯などを収納すると変色の危険
  • 蛍光灯の光に当てない

 

着物の保管で注意すべきことを少し挙げただけで、これだけの注意事項があります。その他にもさまざまな注意すべきことがあるでしょう。

 

着物の保管がとても手間がかかるため、着物の保管委託サービスまであるくらいです。

 

思い切って断捨離する

 

着物のいいところは、母から子、子から孫へ受け継ぐことができることが挙げられます。ですが、柄の流行や年齢など、さまざまな部分で自分には似合わないということもあります。ですが、親からもらった着物を捨てる踏ん切りはなかなかつかないものですね。

 

長い間着る機会がなく、久しぶりに袖を通したらシミだらけになっていたなんてことがある前に、必要としている人に譲る方が幸せだということもあります。

 

親に感謝しながら、着物を送りだしましょう。着物の断捨離にはさまざまな方法があります。

 

オンラインで着物買い取り

最近では着物買い取り専門店がネットショップを経営しているとことが多くあります。買い取りも行っていますので、ネットで申し込むと宅配キットが送られてくるため、その箱に詰め返送するだけと手軽です。

定番質屋

自分で店に持ち込み査定してもらいたいのなら、定番の質屋も着物を買い取ってもらえます。どのように査定しているのか、なぜこの金額になったのかなど自分で確かめたい人は質屋が向いています。

 

 

リサイクルショップは、着物買い取りに詳しくなく、査定金額がとても低くなってしまうという傾向があります。着物を断捨離するなら、ネット着物買い取りか有名質屋などがいいでしょう。