その時代に合わせ、メイクの流行は刻々と変化しています。毎日メイクをしているという女性も多いと思いますが、いつも同じメイク道具を使っていませんか?

 

なぜか古臭さを感じるのは、そのメイク道具が影響しているかもしれません。思い切ってメイク道具の断捨離を行いましょう。

 

メイク道具

 

毎日同じメイク道具で同じメイクをしている女子多数

 

女性にとって、メイクはとても重要なものです。自信を与えてくれたり、また、ストレス解消、気分転換にもなる欠かせないテーマのひとつでもあります。ですが、よくよく考えてみると、ここ何年も同じアイシャドウを使っているとか、気が付いたら同じ色のリップばかりという経験はありませんか?

 

年齢や環境、時代が変わり、メイクの流行も変化しているのに、いつまでたっても古臭いメイクに感じる。それはメイク道具のせいかもしれません。

 

心機一転。メイク道具も着替えよう

 

同じようなメイクばかりになるのは、同じメイク道具やメイク用品を使っている可能性が高いと言えます。何年も前に購入したアイシャドウもまだ使っているなんてことはありませんか?メイク用品にも衣替えが必要なのです。

 

化粧品には薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)というものがあり、未開封であれば約3年は品質が保たれるとされています。(3年以上になると、変質の危険性があるということ)

 

ですが、これはあくまで未開封であることが条件です。メイク用品の場合、肌に触れたものをそのままの状態で保管することが多いので、長い間使用していると、品質が著しく劣化するのです。

 

  • 肌に存在している雑菌が繁殖する危険性
  • 化粧品自体が酸化してしまう危険性

 

そのまま使い続けていると、肌荒れや吹き出物など、肌にさまざまなトラブルを引き起こしかねません。

 

メイク用品の使用期限ってあるの?

 

未開封のメイク用品には約3年の期限がありますが、開封し使用済であれば、できるだけ早く使った方がいいと考えます。

 

ですが、なかなかすぐに使いきることが難しいアイテムもあるのが現実。そんな場合は、ある一定の目安でメイク用品を変えることをおすすめします。

 

  • リキッドファンデーション・・・約半年
  • パウダーファンデーション・・・約1年
  • リキッドアイライナー・・・約3ヶ月
  • ペンシルアイライナー・・・約1年
  • クリームチーク・・・約半年
  • パウダーチーク・・・約1年
  • マスカラ・・・約3ヶ月
  • クリームアイシャドウ・・・約半年
  • パウダーアイシャドウ・・・約1年
  • リップ関係・・・約3ヶ月

 

メイク用品の断捨離は思い切って!

 

断捨離するアイテムはさまざまで、ネットオークションやリサイクルショップなど、さまざまな断捨離後の方法がありますが、メイク用品は思い切ってすべて捨ててしまいましょう。

 

今断捨離したメイク用品は、自分がすでに使えないものです。利用価値がないものは他の人にとっても同じであり、使用しても肌に悪影響があるだけです。もしも誰かに譲るのなら、家族や友人など、身近な人にしておいた方がいいでしょう。