子供がいると、学校からのお知らせを逐一チェックしておく必要があります。兄弟がいると、プリントがごっちゃになったり無くしてしまったりと、困ることも多いですよね。

 

そんな学校プリントをきちんと整理し、正しく断捨離するにはどうすればいいのでしょうか。

 

学校プリントを見る生徒

 

学校からのお知らせプリントの整理できてますか?

 

学校から、さまざまなお知らせが配布されるプリント。子供が学校から持って帰るそのプリントには、授業に必要なものなど、多くの重要事項が記載されています。

 

親は、そのプリントをきちんとチェックし、準備しなければなりませんが、困ったことも多々起きてしまうようです。

 

  • 兄弟が多くプリントがごちゃ混ぜになってしまう
  • プリントを無くしてしまった
  • 必要な日まで期間が空くものがあり、いざその日になると忘れていた
  • すでに不必要になったプリントまで捨てられず溜まってしまう

 

このような問題が起こってしまいがちな学校プリントですが、きちんと整理して、その後不要になれば廃棄するプロセスを踏めば、ごちゃごちゃすることなく、スマートに対応することができますよ。

 

整理に必要なアイテムは格安でも揃えられる

 

学校プリントの整理は3ステップで考えます。

 

ステップ1

まずはまだ終わっていないプリントを見やすいところに置いておきます。バインダ―などに挟み、個人ごとに吊りさげておくのが見やすくていいですね。

 

クリップバインダーなどはおしゃれに見えますし、インテリアの邪魔もしないでしょう。

 

ステップ2

終わったプリントをしばらく保管しておきます。また見直すことがあるかもしれません。そんな時は、マガジンラックや新聞ラックを活用します。

 

IKEAのクヴィッスレやニトリのピリアやステアなどが安くてシンプルで使いやすそうです。書類ラックを活用してもかまいません。

 

ステップ3

学期が終わる頃を見計らって、マガジンラックに保管してあった使用済のプリントを破棄します。

 

中には、さまざまな学校や生徒の情報が書いてあるプリントもあるかもしれませんので、不用心にそのまま捨てるのではなく、小さく刻むなどの処理を施すことをおすすめします。

 

捨ててはいけないものもある

 

学校プリントは持って帰る量も多いため、必要がなくなったらすぐに捨ててしまいたくなるものですが、中には、学年が終わるまで、1年間保管しておいた方がいいものもあります。

 

例えば、1年間の行事予定表を新学期のはじめに配る学校があります。学校行事が事前に分かっていれば、その後の予定も立てやすくなるので、このようなプリントは間違って捨ててしまわないように注意しましょう。