ソファは基本的にかなり大きく、特に一人暮らしのあまり広くない部屋では部屋の多くを占領しています。

 

ですが、最近ではファミリーでも、ソファを置かない生活を楽しんでいる人が増えているそうなのです。ソファを思い切って断捨離するとどのようないいことがあるのでしょうか。

 

ソファ

 

ソファって必ず必要?デメリットはあるの?

 

ソファはリラックスするためのツールのひとつでもあります。ですが、あまり日本のあまり広くない住宅事情では、少し邪魔になってしまうこともあります。ソファが部屋の大部分を占領してしまうんですね。

 

それ以外にもなにかデメリットがあるのでしょうか。それはこのようなことです。

 

  • 汚れてもなかなか洗えない
  • 布の場合、ホコリやダニなどハウスダストの原因になることがある
  • 小さな子供がいる場合が、落ちるなどのケガをすることもある
  • 動かすことが困難なため掃除がしにくい

 

最近ではソファのない生活をする人が増加中

 

最近はソファを部屋に置かない人が増えているそうです。ソファを購入することをやめ、テーブルのみ、あとは好きなところに座るスタイル。

 

その際愛用しているのが、今話題の一度座ったら離れられないことで知られる「ヨギボー」のような、多目的スタイルの椅子です。椅子として、ベッドとして、そしてソファの代わりとしてさまざまな用途に活用することができます。

 

ビーズが使われているためダニなどの心配がなく、またカバーが丸洗いできるので、いつも清潔に使うことができるためとても人気なのです。

 

ソファの断捨離方法とは

 

ソファは大きいため、通常の燃えるゴミに出すことはできません。そのため、ソファを断捨離する場合は、このような方法になります。

 

  • 粗大ゴミとして自治体のゴミ処理に出す
  • 知人に譲る
  • 美品であればメルカリなどのオークションに出す
  • 回収業者に依頼する

 

自治体の粗大ゴミには料金がかかりますが、自治体によってはかなり安く設定されているため、とてもお得です。